現役女性化学者AVデビュー 加藤マキ – アダルトビデオ動画 – 無料


続きをみる





















女性化学者は媚薬で発情するのか!?製薬会社で研究を続ける現役女性化学者が会社に内緒でAVデビュー!欲求不満でチ○ポを見ただけでエロい顔に…試験管に潮を採取、研究室で巨乳を揉まれ白衣のままSEX!媚薬の効果を自分のカラダで実験!効きすぎて理性崩壊、白目を剥いてイキっぱなし下品な顔で仰け反り絶頂!


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


まだあった!「エロ」の新しい切り口
インテリ系痴女というジャンルは既にありふれた価値観となったが、今作はいわゆるそれらとはまたちょっと違う。
理系女子独特の「あか抜けなさ」感と「こう見えて実は心も体もドスケベなんです」感。
その二つをこの女優は併せ持っており、また今作ではそれをよく表現できている。
どこか不器用さの残るメイクと、白衣の下の絶妙な熟れた肉体。そして魅せるワザ物の吸引フェラ。
後半は毛色が変わって媚薬プレイとなるが、その演技は迫真であり見応え十分。
騎乗位もエロい。マジっぽいカラミは、かの国見奈々嬢を彷彿とさせる。
今後も注目していく必要のある女優だ。オススメ。
2回激イキで抜ける。ネタとしては面白い。
研究室風セットとホテル?で3P。どちらも激イキして真っ赤に紅潮し、抜ける。
このため☆2個。興奮度が高いためボーナスで+1の合計3個進呈。抜ける回数を
基準にして評価するため☆3個だが、普通という意味ではない。すごく良い。

因みに、研究室には、低い位置に設置しなければならない低速遠心機が高いところに
あったり、モーター機器のロータリーエバポレータが振動を嫌う化学天秤と同じ実験台に
乗っていたり、研究所に調剤薬局用の薬品棚があるなど、説明できないことばかりだ。
撮影セットのために数千万円の買い物をする訳にもいかないだろうが、もう少し研究所
らしさを演出する方法はある。

医薬品メーカーの研究職の新入社員は、普通27~30歳(博士~ポスドク)だが、この
モデルはずいぶん若く見える。化学者(研究員)じゃなく、学卒の実験補助員だろう。

う~ん
設定は女性科学者(医薬品会社の研究員?)ってことですが、内容的には普通のAV(前半は研究室内でのカラミ、後半は媚薬を飲ませてのSEX)です。(設定から察すると「会社の研究室に外部の人間を簡単に入れて良いのか?」と言う疑問が生じる)

なので、彼女みたいな女性が「可愛いな」と感じた方以外には少々キツいかな?
興味深く観ました。
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
どういうお堅い職業に就いている女性でも、
媚薬を使わずとも、とことん淫乱になりうる資質を持つなら(あるでしょう)、
こういうふうになるのでしょうね。
ただ、AVの作品を観たくて訪問した者の一人としては、
女優が美形である場合でも、
快感での乱れ・自失の極致に於いても、
美形であるその品位のようなおもかげが
愉悦の表情の中にも崩れず残った、
ヨガリ顔・イキ顔である場合は、
もう、例えようもなく美しく、
観る者の快楽はさらに増します(私の場合)。
必ずしも万人向けにそうでない女性の場合は、
「その顔を見ないで同時に悦びの表情だけ見えるような、不思議・不可能マシン」の能力を借りて観られたらイイのにナアと思いました。
一色まりなさんとして、満里奈 かすみ 上田保奈美さんとして、ファン層ができいくと良いですね。
媚薬で覚醒した後がスゴイ
職場とされる研究室
外人との電話では流暢な英語
ただ自分の本名らしき名前を言ってるが大丈夫?
エッチは及第点。オッパイもデカくムチムチでGood

その一ヶ月後
アルギニンという媚薬を飲み干す
そしたら面白いぐらいに淫れる
耳に息を吹きかけられるとア~ン
指をしゃぶられるとピクピク

男優を見つめる目つきもエロい
ア”フンア”フン言いながらクンニを強要
足の指に思い切り力が入りまくり
焦点も全然まともに合わずチンコも野獣のように求める
洋物のように上下の歯を見せてスーハーと呼吸

バックを要求する時、腰を上下にクイクイいやらしく振り誘惑
男優が動かないと悲しそうに「動いて」と懇願
終始、ヒザだけで身体を支えてる状態
足の指もギュッと開き、基本気持ちよくなるとそれするみたい
騎乗位ではイキすぎて、身体をピーンと仰け反らす
フィニッシュ後、目がぶっ飛び上半身を伸ばしてクネクネ

続編が早く観たい
この人、媚薬要りますか?
久々に大当たり~、知的で真面目そうなのに、天然ドエロ。←大好物です。。
英会話もできてるし、キャラ作って無さそうで◎。

最初のフェラはかなり抑え目で、男優にチチ揉まれてからスイッチオン!
チンコ好きそうなネットリフェラ、フィニッシュは胸出し設定なのに思いっきり舌出してるし。。

ホテルでは活きのいい男優二人と媚薬3p、ローター、オナ、騎乗位で感じまくります。

目付きや顔の紅潮など演技とは思えない。現実にもこんな人いるんでしょうか?
あと、監督?のSっ気ある言葉責めもいいアクセントでした。
正直現役科学者の設定いるのかな?
薬品の計りなどの風景があり、科学者であることを押している映像が30~40分くらいでその後初フェラ、初SEXで1ヶ月後に媚薬3Pといった形です。雰囲気は熟女系女優の中森玲子さんをスマートにして全体的に小ぶりにして感度を上げた感じです。インテリなところも似ていると思います。顔もキリっとした美人顔です。この作品でもそこまで責めてはいない(AVでは平均的な責め)ものの結構なイキ方なので敏感っぽいです。媚薬試飲の3PSEXは大げさにしている感じはあります。今潮吹き主体や整形(偽乳)が結構多い中でこの素材は結構なものなので今後自分の中では注目の女優さんです。

デビュー後の名前は「一色まりな」になっています。ただこの作品がデビューとなっていますがSEX慣れというよりも撮影(カメラ)慣れしているので改名のきっかけデビューかなとも思えます。もし改名前の名前がわかる方教えてください。
可能性に満ち溢れた「理系女子」というジャンル
AVに「インテリ女子」は数多いが、意外と少ないのは「理系女子」というジャンル。今回のヒロインは、製薬会社に勤務する女性研究員「加藤マキ(仮名)」。「わりと高齢(20代後半)」「事務的口調」「堅物」「平均よりちょっと上のルックス(美人すぎない)」「男性恐怖症」「でも、性欲は人一倍」といった、AVファンが「理系女子」に求めるイメージを良くも悪くも「ステレオタイプに」体現している彼女。ひとつ「嬉しい誤算」は、白衣の下からこぼれ落ちた「理系女子らしからぬ」芸術的な美巨乳である。まだいくらかの「理性」が残っていた前半の白衣FUCKとは対照的に、後半の全裸3Pでは、まさに「盛りのついたメス犬」となるマキ嬢。やや極端すぎる気もするが、その「ギャップ」に釣られてしまうのは、悲しい男の性というべきか。
一色まりなさん、今はどちらに・・・
一色まりな名義で単体作品が何本かありますね。美人というより可愛い感じの女優さんです。彼女はパッと見はおとなしい雰囲気なんですが脱ぐと凄いというか身体がエロいんです。しかも、英語も流暢に話せるようです。(作品内で電話するシーンがある)なおかつ、ドラマ部分の演技もしっかりできており、もっと活躍してもいいと思うんです。が、今は何処に・・・

あった!!!
幾年か前に流行したリケジョという言葉。まさに今作の加藤マキ(仮名)さんにふさわしい名前と言える。
話巧みに普段働いている研究室で撮影する事になる。AV出演は勇気が出ないので…という理由で撮影はしない代わりに研究室に行ったのだが、そうは行かない。
普段の仕事を再現してもらってる時突然現れる大きなブツ。
最初は大きなブツのセンズリを見ているだけでしたが、少しすると「これ咥えてもいいですか?」と自ら志願し フェラをしだす。
ここからはもう色々と展開、テンポ早く進んでいきます。
痴女の種類に リケジョが入るとは…意外ではあるけど、これを見ればうなずくことまちがいなし!