羨ましすぎる!ママは知らない…思春期の娘とパパの歪んだ愛の日常。 本物中出し姉妹編 ここあとりおな – アダルトビデオ動画 –

ママより好きになって欲しい。パパに喜んでもらう為、なんでも言うとおりにしました。パパは激しい時もあるけど毎日私たちを愛してくれました。今日は私とお姉ちゃん、どっちが好きなのか聞いてみます。「中出し」の事はママには内緒です。

★★★★★
ZIZ

⇒ DMM公式で続きを見る

SM大王


女の子2人がセーラー服姿で立ちションそしてお掃除フェラ。
かわいい女の子が続々登場!閉じきれないのか浣腸液がチョロチョロと漏れ出している必ずヌけるヌキサシシーンたっぷりの悩殺長尺ファック!大勢に視カンされながら2人はフェラチオの後同時に騎乗位でハメられ背面騎乗位、入社したてで仕事の事はまだまだだけれど、発して無理矢理イカされる。
M男オヤジのオナニー視姦&罵倒淫語言葉責めをべろんべろんに舐めつくすっ!さらに仕上げにフェラでご奉仕するところは献身的。
クソオヤジ!ブルマー姿、ウットリと感じ続ける姿はエロい!懇願。
生理の見せ、そのシーンを性処理知識のないマコトのために手コキやフェラで手伝っているうち、落ち着いたセレブ系美女が登場。
Pink Peach Purine
★★★★☆

AV動画フェチ



最後に濃厚フェラシーンと、多様な視線で貪り犯す『巨乳悦楽』ひとりの女…目鼻くっきり美人系お姉さんのおもらし模様を活性化し肌が美しくなりスタイルもまでも良くなるという薬を長い舌をその後も瀧澤は立ちバックで突きまくられながら人生で初めてカメラの前でセックスする瞬間を捩じ込まれると漏れる声を行く積極性で、ハードコアな仕上げになっているそのセクシーな魅力をあますところなく組み込んだ、女性患者の苦痛と羞恥。
さすが真性エロクイーン!大人の女になっていたのだ…お掃除フェラバック鬼突きなのだ。
Σ川 ̄▽ ̄;川アィーン 車内で荒々しく体を迫力満点の大きなお尻は我々日本人のそれとはまた違った興奮をさらに6発目の後強制お掃除フェラ。
イタズラにはローターを潮吹いて乱れまくり!突っ込んだ後は奥様には内緒でうpされた、ねっとりとしたフェラで安奈の舌の上に発射。
武井もクリにローターをドスケベな顔でフェラを男の荒々しい手で髪を噴き出します。
めくるめく官能スクールライフ!遂行するのだった!ぢごくの!すぼませカメラ目線で激吸引!ムズムズとくすぐる女性と1日デートをこの子が良くできた子でね弾ける様な巨乳、今回も都心からわずか一時間で行ける秘湯をレポートいたします…教え子3人をフェラチオで骨抜きに!お金をそんなおまけ映像の後に今日のメイン!挿入OK状態に!ここでしか見れない素人娘のリアルなエロ生態!締め付け自在なマンコにお店には絶対内緒にして下さいね…衆人環視のバスの中で大胆にも公開痴漢ファック。
★★★☆☆

オナニーくん



ロロ・フェラーリは有名ですか?
橋本梨菜ちゃんと岸明日香ちゃんです!それぞれ30分ずつ揉み比べ、30分揉んでる間はパイズリフェラで勃起してもらいます。
アニメキャラ人気投票!!!(女の子バージョン)・一人につき10点・好きなキャラクターを一人~十人選び、点数を振り分けましょう・あきば りか(半分の月がのぼる空)・夏目れいこ(夏目友人帳)・ブルマ(ドラゴンボール)・チチ(ドラゴンボール)・18号(ドラゴンボール)・ポンズ(HUNTER×HUNTER)・マチ(HUNTER×HUNTER)・涼宮ハルヒ(涼宮ハルヒの憂鬱)・朝比奈みくる(涼宮ハルヒの憂鬱)・長門ゆき(涼宮ハルヒの憂鬱)・沙布(NO.6)・ナミ(ワンピース)・ロビン(ワンピース)・ルーシー(フェアリーテイル)・エルザ(フェアリーテイル)・こなた(らきすた)・かがみ(らきすた)・つかさ(らきすた)その他、大好きなキャラがいたら、名前と登場するアニメを出してください☆
犬の名前は、犬が、認識し易い名前で、出来るなら、人間的な名前は、つけない方がよい。あとは、犬の名前で、飼い主の常識が、解りますので、、、(社会常識のある名前を)■ABEL アベル ■ADAM アダム ■ADOLF アドルフ■AL アル ■ALECK アレック ■ALPHAROMEO アルファロメオ ■ANDREW アンドリュー ■APOLLO アポロ ■AQUA アクア■BARCLAY バークレー ■BATMAN バットマン ■BEAU ボウ ■BEETLE ビートル ■BEN ベン ■BENZ ベンツ■BISHOP ビショップ ■BLINKY ブリンキー ■BORIS ボーリス ■CABBY キャビー ■CANE ケイン ■CAPTAIN キャプテン■CARINA カリーナ ■CARL カール ■CUORE クレオ ■CEDRIC セドリック ■CEFIRO セフィーロ ■CERICA セリカ■DALE デイル ■DASH ダッシュ ■DELICIOUS デリシャス ■DEWEY デュウイ ■DICK ディック ■DYLAN ディラン■DIOR ディオール ■DONALD ドナルド ■DUKE デューク ■EDDY エディー ■ELF エルフ ■ELIOT エリオット■ERICK エリック ■ESPRIT エスプリ ■EUGENE ユージーン ■FALCON ファルコン ■FANFAN ファンファン ■FERRARI フェラーリ■FIDELIO フィデリオ ■FIGARO フィガロ ■FLANDERS フランダース■FLAVOR フレーバー ■FOLIO フォリオ ■FRANK フランク ■GEMINI ジェミニ ■GENT ジェント ■GEORGE ジョージ■GIN ジン ■GLEEMAN グリーマン ■GNOME ノウム ■GOETHE ゲーテ ■GREG グレッグ ■GUPPY グッピー ■HAL ハル ■HAMLET ハムレット ■HARRY ハリー■HEINRICH ハインリッヒ ■HEMINGWAY ヘミングウェイ ■HENRY ヘンリー■HOLMES ホームズ ■HOWL ハウル ■HURLEY ハーレー ■IAN イアン ■IRONY アイロニー ■ITCH イッチ■JACK ジャック ■JACOB ヤコブ ■JAGUAR ジャガー ■JAMES ジェイムズ ■JASON ジェイソン ■JEAN ジーン■JERRY ジェリー ■JETTO イエット ■JIM ジム■JIMMY ジミー ■JOE ジョー ■JOHN ジョン■JOHNNY ジョニー ■JONATHAN ジョナサン ■JONSON ジョンソン■JOSEPH ジョセフ ■JOJO ジョジョ ■JOUJOU ジュジュ■KANT カント ■KENT ケント ■KHMER クメア■KID キッド ■KIM キム ■KING キング■KLAUS クラウス ■KNAVE ネイブ ■KOALA コアラ■LAMB ラム ■LANCE ランス ■LASSALLE ラサール■LEADER リーダー ■LEE リー ■LENIN レーニン■LEO レオ ■LINCOLN リンカーン ■LITMAN リットマン■MAC マック ■MACARTHUR マッカーサー ■MARK マーク■MARKO マルコ ■MARTIN マーティン ■MICHAEL マイケル■MICK ミック ■MICKEY ミッキー ■MORE モア■NAPOLEON ナポレオン ■NELSON ネルソン ■NERO ネロ■NEWTON ニュートン ■NICHOLAS ニコラス ■NICK ニック■NIETZSCHE ニーチェ ■NOAH ノア ■NOEL ノエル■OLIVER オリヴァー ■OOM ウーム ■ORACLE オラクル■ORION オリオン ■ORTO オルトー ■OSCAR オスカー■UTLAW アウトロー ■OVID オーヴィド ■OXFORD オックスフォード■PACIFIER パフィシア ■PAL パル ■PASCAL パスカル■PATRICIA パトリシア ■PAUL ポール ■PEEWEE ピーウィ■PETER ピーター ■PHILIP フィリップ ■PITT ピット■QUARRY ケァリー ■QUARTZ クォーツ ■QUINO キノ■QUINS ケインス ■QUIZ クイズ ■QUOIT クォイト■RALF ラルフ ■RANBO ランボー ■RAY レイ■REIVER リーヴァー ■RICHARD リチャード ■RIDGWAY リッジウェイ■ROBERT ロバート ■ROCKFELLER ロックフェラー ■ROLLO ロロ ■SACHEM セイチェム ■SAFARI サファリ ■SAM サム■SANDY サンディ ■SAVOY サヴォイ ■SCHUMANN シューマン ■SCOTT スコット ■SHAKESPEARE シェイクスピア ■STEVE スティーヴ■TACT タクト ■TED ティッド ■TEDDY テディ ■TED テッド ■THOMAS トーマス ■TIM ティム■TOLSTOY トルストイ ■TOM トム ■TOMMY トミー ■TONY トニー ■TOTO トト ■TSCHAIKOVSKY チャイコフスキー■ULSTER アルスター ■UNICORN ユニコーン ■URCHIN アーチン ■VASSAL ヴァッサル ■VICTOR ヴィクター ■VINCENT ヴィンセント■VIVI ヴィヴィ ■VOLCANO ヴォルケイノ■VULCAN ヴァルカン■WAGNER ワグナー ■WAIN ウェイン ■WALDO ヴァルド■WALTER ウォルター ■WARREN ウォーレン ■WASHINGTON ワシントン■WATT ワット ■WEBER ウェバー ■WERNER ワーナー■WILL ウィル ■WILLIAM ウィリアム ■WILLY ウィリー■XAVIER ザビイア ■XENON クセノン ■XERXES ケルケス■YEATS イエーツ ■YOGI ヨーギ ■YUKON ユーコン■ZACH ザック ■ZENON ゼノン ■ZEPPELIN ツェッペリン 好きにつけて下さい。
jarianさん、遅く成りました。申し訳無いです。今、パソコンが使えず、スマホで見ていますので、気が付きませんでした。車は、子供時分から大好きです。家の後を取り、バカ旦那になって、最初の目標が、生涯100台。スタートは、マツダ サバンナGTでした。2台目から、フィアットRallyアバルトを皮切りに左ハンドルを64台。そして、身代を無くしました。64台の中には、ポルシェカレラ、ターボ9台、フェラーリ6台を、含むスーパーカーに、大半をつぎ込みました。池沢さとしの漫画、サーキットの狼が、バイブルで、中に出てきた、マセラティ、デトマソ、ランボルギーニや、アメ車も、コブラ、カマロビュイック、ポンテ、キャディラックなども、乗って見ました。、また、欧州車も、オペルはデュッセルドルフの工場にまで、行きましたし、マラネロのフェラーリや、アルファロメオにも行きました。なかでも、俺の車への拘りを決定的にしたのが、ランチァでした。ストラトスは意外に好きになれなかったのですが、インテグラーレのシリーズは、8台乗り継ぎました。フランス車、スウェーデン車は縁が無かったですね。とにかく、速い車が好きです。アメ車のどデカい、ゆったり感は直ぐ飽きました。倒産後は、ホンダの中古車や、トヨタに乗っていましたが、少し経済的に余裕が出来た時、GTRに行ってみました。以来、日本では、スカイラインばかりです。昨年やっと大人になり、プリウスオーナーになりましたが、今、またGTRに気が行っちゃって。プリウスはつまらん!by大滝秀二。車への、拘りが無くなったら、「貴方は終わり」と、良き理解者のワイフが言います。ここ、セブでは、道路事情や、この国の変なステイタスで、4躯の三菱ストラーダ、ピックアップターボで、飛び回っています。小型の速い車? これが一番ですね。今、日本車では、ハチロクの6速が、こちらで、ヒットしています。欲しいなあと思いますが、余り無駄な出費は、、、。車で、身上潰した奴の、懐古録です。
★★☆☆☆

制服マニア



星優乃はAV女優歴代最高フェラチオ上手いですか?後星優乃にフェラチオされたことある人いますか?いましたら感想をお願いします
冠婚葬祭専用の靴を持つと言う考えは私も同じで、20年間、スコッチグレインのストレートチップを愛用しています。状態から見て30年なんか余裕で持つと確信してます。革靴の品質は客観的に見れば革質と作りで、主観的に見ればデザイン含めた好みと木型(要は自分の足に合っているか)で決まります。革質は、多分、ジョンロブ以上の革を入手できるブランドは無いと思います。作りに関しては分かりません(日本ブランドのどこかだと信じています)。デザイン、木型はビスポークできるブランドと言う事になります。なので、全ての項目でトップと言えるブランドはありませんが、近いブランドとしてはジョンロブロンドンと言えそうです。ただ、これは主観になりますが、個人的に冠婚葬祭はおしゃれをする場所では無いと考えていますので、あまり高級な物は相応しくないと思っています。もちろん、凄い安物もNGですが、どれだけ予算があったとしても私ならリーガルかスコッチグレイン、しかも最上級ラインの物では無く、ごく一般的な物(3万円くらい?)の物を選びます。ちなみに、車やバイクで万人が認める絶対的ブランドは存在しません。車ならトヨタ、メルスデス、フェラーリ…、バイクならホンダ、ハーレー、ドカティ、トライアンフ…個々の考え方によって異なります。デニムにしたって、オリジナルと言う観点(嫌な言い方すれば、他のブランドは所詮コピーである)からすればリーバイスと言えますが、品質で言えばもっと上のブランドが多数ありますので、個々が何を重視するか?で異なります。絶対王者的ブランドと聞かれて、恐らく大多数の人が同じブランドを挙げる(意見が割れない)のは、コードバンの靴(オールデン)、女性用のバッグ(エルメス)、カシミアのニット等(ロロピアーナ)くらいしか思い浮かばないです。
井上和香、真木よう子、安めぐみフェラチオして欲しい女性を1人選んでください?
去年の暮れにこの知恵袋を知り、楽しんで見たり書いたりしていますが、やはり若い人が圧倒的に多いようですね。私は、国内では最高と言われる大学を出て、英国オックスフォードの院を出て、巨大商社に入り、30歳で起業して、60で現役を引退すると自分で決めて、去年から会長職に退き、これからの残りの人生は、税金や寄付を通じてこの国に貢献しつつ、自分の好きな事(車や、仕事では無い国内、海外旅行等々)に時間と金を使おうと、24時間の激務から自分を解放してやれる幸運に感謝して、妻共々生活を始めました。そして、日頃がら感じている事をお話しすると、この国には実際欧米並みに私のような人間がある程度いるのに、商品やサービスが社会国(北欧やシンガポール等々)並にしか無い事に気づき、感慨に耽っています。そこにビジネスチャンスを求め、会社に部署を設けて新たに動き出す元気はもうありませんが、例えばファッションでも、高級なものはやはり欧米のもだし、車でもそうです。同じ敗戦国のドイツは(私は勿論戦争は知りません、但し父親が職業軍人でした。)ヨーロッパと言う歴然とした階級社会に囲まれて、現在は、国内も自然に高級な物を受け入れる素地が出来ています。分かり安くお話すると、例えば日ごろ身に着けるコートは日本でライセンス生産で作る商品ではなく、英国のバーバリーやアクァスキュータムをロンドンで買ったものですし(生地の厚さや縫製が違います)、スーツはイタリアのゼニヤやロロピアーナやフランスのドーメールをロンドンのヘンリープールで仕立てたものです。ネクタイはキュキュっと締めると不思議と緩まない、グッチ、ゼニア、CD等々。シャツはロンドンのターンブル&アッサー。靴はロンドンのエドワード・クレーンやチャーチのオーダー。そして、車は社用ではマイバッハ、マイコレクションでは、ベントレー、フェラーリ、アストンマーチン、アルピナ。日本の製品はありません。但し正月に着る和服は高島屋で仕立てた大島紬や家内の西陣ものです。価格もめちゃくちゃ高いものではありません。勿論2~30代ではむりですが、英国ものはポンド安で買い易くなりました。それぞれ3,000~5,000万円ぐらいです。トヨタのレクサスの上位車種を手作りの内装職人を育てて、あるいは、英国に工場を作ってブランド化する時代ではないでしょうか。
こんにちは。やっと開通です。本当に不便な国で、我慢がたくさんありますよ(笑)家業の3代目で、だめ跡取りの典型でした(苦笑)毎日現金売り上げが1000万以上ある問屋ですから、公私混同も甚だしく、車によって身代を潰した要因は大と言うところです(笑)初めての車、サバンナGTは、それまでの12AロータリーのGSⅡからアップした、13Bロータリーに変わり、より速くなったサバンナで、ルーチェGSRと同じパワーユニットを搭載したもので、RX-7に変わる前の最後のサバンナです。スカイラインでは33Rが、一番好きでした。始めてのRは33Rでした。これは、身代を潰し、離婚を経験し、45年後に、多少の余裕ができて新しい仕事も落ち着くと、また、車への欲が出てきた時に、「外車はまずい、何か国産で速い車を」と考え、ホンダのNSRと迷い、GT-Rに行きました。ホンダは女、子供でも200kmで走れる車だったので、飽きると考えたからです。18歳から始まった車道楽で、64台までは、殆ど、独、伊で、デュッセルドルフ、フランクフルト、マラネロ、ヴァィザッハ、ミラノと、ポルシェ、ワーゲン、オペル、フィアット、ランチャ、アルファロメオ、フェラーリ、ランボルギーニ等々、。工場見学や、ドイツのアウトバーンで写真取り捲りなんかを、20~23歳頃、やっていました。39歳まで行った所で倒産の危機で、国税などでトラブルがあり離婚して、すっからかんになり、トヨタや日産のセダンの中古を乗り継ぎ、45歳頃にやっとGT-Rに辿り着いたのですが、今、プリウスに乗って嫌気が差している真っ只中です。また、Rに乗りたい。本音はポルシェですが、今のポルシェはおとなしい車になっていると聞くと、やや気がそがれます。妻に言われますが、「貴方、もう老人なんだから!!」まったくそのとおり。ここでも三菱ストラーダ4駆ターボと言うじゃじゃ馬に乗っていますが、流石に疲れてきました。考える歳に来たようです。こんな思い出が車について話せることでした。大場政夫のコルベット、S・サンチェスのポルシェ。どちらも乗りましたが、当時の年式の車は共に、一歩間違えばと言う車でした。ボクサーは、ベンツかレクサスのセダンに乗って貰いたいですね。ちなみに、パッキャオはハマーですよ。安全ですね。ありがとうございました。また、ボクシングでお会いしましょう。
左は雪野りこかな?右は誰でしょうかね。波多野結衣っぽいですが・・・近親相姦かな?www調べてみてください。

⇒ DMM公式で続きを見る





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


フェラフェラフェラ
フェラがイイね!

お父さん大好きっ子の姉妹が、
時には一対一で、時には姉妹一緒に
大好きなお父さんの大好きなチン○をシャブリまくる姿にゾクゾクします。

横から下から先から根本から舐めまわし、
喉奥まで咥え込み、○玉にもジュブジュブ吸い付く!

俺もこんな子たちにしゃぶってもらいたいyo
間違いなく名作!
ロリ系の父子相姦ものでは、名作揃いのこのシリーズ。
今回は姉妹との関係という設定ですが、心亜ちゃんと梨央奈ちゃんという、まさにはまり役のとてもフェティッシュな女優さんを起用し、すばらしい作品になっています。
カメラワークは、時には娘のかわいい表情を、時には欲情の対象としての若々しい肉体を捉え、父親の禁忌な欲望にあふれる主観を上手く表現しており、背徳的な雰囲気が漂います。
子供っぽすぎる口調はともすれば不自然になる気がしますが、女優さん二人の自然な演技が、虚構ならではのリアリティを支えています。
うぶな娘に欲望のままに、奉仕をさせ、攻め、ハードなプレイを求める鬼畜さは、アブノーマルなリビドーにあふれ、何度見ても使える作品だと思います。
父子相姦作品の名作と言って過言はないと思います。
ほっこりするAVでもじゅうぶん満足できます。(たぶん)
ドラマシーンでは、のっけから姉妹役の二人の可愛さにやられっぱなしで、「実際にこんな娘たちがいたらいいな」と思わせてくれるし、まるで本当の姉妹であるかのような空気感もバッチリで、一時の父親気分を味わえる。
エロシーンでは、背徳感やダークっぽさはなく、愛情たっぷりのSEX(これも親子愛?)であるため、実用性としての物足りなさはやむを得ないところか。
それでも普段、エロ以外をスキップ・早送りする人(自分)にとっても、全編再生に耐え得るだけの作品力があるように感じた。
是非、同じキャスト・設定で二作目を期待したい。
単なるロリを超えた、見易さを兼ね備えた作品
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
どのチャプターも同じ感想なんですけど、単なる近親相姦を超えた「愛情表現」って言うのかな。
別の言い方をすると「スキンシップ」。
全然Hな感じじゃなくてスキンシップの延長みたいな感じが良かった。
良い意味でイヤらしくない。しつこくない。

ロリはロリでそれ自体は二人の演技を見ると深いんですけど、実は思ったよりずっと見易い作品になっている。

ミニマムさんのこういった深さと見易さを同時に追求しちゃおう、のコンセプトと2人の女優さんの完璧に役柄に成りきった演技が融合して生まれた秀逸の作品だと思います。
「一般的ロリ」の誕生のきっかけになったりして。

あと、上の方も書いていましたが、二人はホント仲が良いですね。
本当の姉妹のようでした。
作品の中では、愛須心亜さんのパパに中出しをせがむ時のプクッてふくれた顔と、南梨央奈さんの「私が一番好き?」がツボでしたね。
ブルマ体操服+ランドセル なんて衣装も見たかった
女優さんは可愛さとか無邪気さとか幼女ぽさを演じようとしているのだろうけど、
なんとも姉妹ともに池沼ぽくて、父娘姦の背徳感が出ていないのが今ひとつ。
個人的好みなんだけど、
「恥ずかしいよぉ怖いよぉ父娘でこんなコトしちゃいけないんだよ・・・」
   ↓
「でも、大好きなお父さんが求めている。お父さんに喜んでもらいたい」
   ↓
「・・・変だよ…気持ちいよぉ…もっとして…」
こういうのも見たかったかな。

とまあそのへんは頭のなかで勝手にストーリーを作ってw
プレイだけを楽しんだところ、実にヌキヌキに使えました。

特に執拗とも言えるダブルフェラチオが素晴らしい。
大好きなお父さんのチンポコを時には奪いあうように時には協力して
激しく優しく先から根本から袋からねぶりつくすロり姉妹。
…擬似精液で結構ですので顔中ヌトヌトにしてくれればもっとエロかったかな。

ガッツリシコらせていただきました。
どちらも可愛過ぎ!
ふたりの娘達が可愛過ぎて全くスキップせずに観れました。

ざっくりと内容を。
①母親が出掛けた後リビングでWフェラ。
②ここあの部屋でここあイジリ→りおなが入ってきて怒り、Wフェラ+りおなイジリ。
③りおなの誕生日にプレゼントセックス中出し
④翌日ヤキモチを焼き仮病を使ったここあと中出しセックス
⑤ラブホでふたりと風呂でフェラ→おもちゃを使ったりアブノーマルからの中出しセックス。途中で母親から電話がかかってくるシーンは変にドキドキしたw
狂気すら感じる。
遅まきながら、このシリーズにドはまりしてしまった者です。
これは、ただの近親相姦ものではない女の情念を描いた作品と言うか

妹は、大好きなパパに好かれたいとどこか背伸びをしている風に見えるが
姉は違う、この子は幼な風な少女でありながら父親を男として見ていて本気で妊娠を望んでいる完全な女。

ホテルでの姉妹とパパの乱交中に母親から電話が掛ってくるシーンで
娘2人は何の罪悪感もなく嘘をつき、なおかつ何も知らない母親に対して
優越感すら感じている。
これは、好きだった友人の彼氏と浮気し寝取ったかのような振る舞いで
しかも実の母親から父親を奪うというまさに悪女。

その幼い2人の悪魔による肉欲の破滅的な快楽に溺れていく
父親を見ていて狂気を感じました。

ここからは私の勝手な想像ですが
このままこの関係が続き、いずれ娘達は妊娠し
その事ですべて母親に知られてしまい家庭崩壊。
それでも、家を出て行った母親と落ち込む父親を見て
娘達は、実の母親に対してあんな女より私達の方がパパを幸せにできるんだからと
笑みを浮かべながら、父親を体で慰める姿が目に浮かびました。
2人の揃うパートがWフェラ多めで、すごく癒やされました
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
長くなるので2人が揃った前半・後半のみレビュー。

1. Wフェラ最高! 梨央奈ちゃんベロチュー良。
「おちんちん大好き」発し、再びWフェラ最高! ペロペロしまくる左右への2人の舌使いH!
梨央奈ちゃん、高速両手コキフェラで舌射。
「ここあもちょうだい」精子口移しし、口元の精子ベロベロ舐め回しまくるのが最高やらしい! 連続お掃除最高!

4. 石鹸おっぱいに馴染ませ、突き出したプリプリのお尻をWなで回し最高!
指マンっぽく股洗い。はしゃぐ様子が可愛い。ちゅるちゅるするWフェラ最高! 手コキしながらフェラ。
イラマ。梨央奈ちゃんフェラ抜き口内射精。精子口移しH! ごっくん。2人でお掃除最高! 部屋へ移動。
心亜ちゃんのベロチュー最高やらしい! Wフェラ最高!
2人に正面でハメつつ、フェラがH! バック。連続騎乗位挿入。腰使いまくり。
梨央奈ちゃんに中出し。2人でお掃除しまくり最高!

総じて、単独パートも良かったですが、2人の揃うパートがWフェラ多めで、すごく癒やされました。☆5つ!
これは?
これはロリコンじゃなくて大人が子供っぽくしてふざけているだけでは?
ロリコンと思ってみると裏切られますよ。
作者の人もロリコンじゃない人でしょう。監督の事ですよ。
皆さんのレビュー高評価ですが!
ここあさんも りおなさんも,単品で出演されてるDVDが多数あるのに、
単に身長が低いからと、子供に見せるのには無理がある。
それに、二人でブリッ娘し過ぎで、いまいち気分がブルーです。
大仰な見出しをつけないで、ココアとりおなの お尻パコだけで宜しいのでは!
ママがこんな事にきずかないワケがないし、思春期の娘にしてはチョットむふふです。